マカとバイヤグラの違い

男女の精力増強に良いとされている、マカとバイヤグラですが、どんな特徴があり、併用することはできるのでしょうか。

まずマカですが、古来現地の人たちに利用されてきたペルー産の植物です。
自然食品扱いのサプリメントなので、ドラックストアや通販で購入することができます。

一方バイヤグラはアメリカ製の治療薬で、医師の処方箋をもらうか、通販を利用します。

次にそれぞれの効果の違いですが、マカは天然素材のためゆっくりと体の中の血のめぐりを良くして、男性ホルモンを増やし、免疫力を増やして精力を増進していきます。
またマカは期待する効果が自覚できるようになるまでに、2週間から2か月かかるといわれていますが、その効果は持続性があります。

バイヤグラはED治療薬なので、即効性があり、効果を期待したいタイミングの1時間前に服用するのが良く、4時間後には半分の効果になります。
つまりピンポイントの効果のため、持続性はありません。

さて気になる副作用ですが、マカはもとより植物成分なので体に対するリスクはなく、摂取量の3倍を摂取した場合に下痢やホルモンバランスの乱れが生じることがあります。

またバイヤグラは、もとは心臓疾患のための治療薬であり、体質が合わないこともあるため、個人購入される前に、一度は医師の診断を受けて処方されるのが賢明といえるでしょう。
バイヤグラの副作用としては顔の火照り、鼻水、頭痛、胸やけなどが起こることがあります。

この2つは、健康な人ならば併用も可能ですが、体に優しく無理なく続けられるマカをお勧めします。

トップに戻る