マカは加熱しても大丈夫?

男女や年代を問わずに人気のあるマカですが、原産国であるペルーでは生のまま料理に使ったり、パウダーを煮込み料理に入れたりして日常的に食事に取り入れています。
日本国内では生のマカを入手することは大変難しいので、パウダーやサプリメントとして加工されたものを入手することになります。

マカはその加工法によって吸収率に差が出ます。
一般的なマカ加工品を摂取した場合、体内へ吸収されるのはたったの3割程度です。
大部分が吸収されることなくそのまま体外へ排出されてしまうのです。
ですからマカを購入するときには原材料のチェックはもちろん、加工法にも注目し、少しでも吸収率の良いものを選ぶこともポイントとなります。

マカの加工方法にはいくつかありますが、高温で一気に大量に加工する方法で製造されたマカはその栄養価を損ない、吸収率も低下しています。
ただし生産コストが抑えられているため、手ごろな価格で購入することができるので、吸収率よりも低コストでコツコツと長く続けたい人には向いています。
効率よくマカの有効成分を摂取したいという人には、顆粒タイプや濃縮マカを選ぶとよいでしょう。
マカの吸収率を高める成分を添加した製品や、最も有効成分を効率よく抽出できる抽出法で加工されている製品が多いためです。

なお、マカパウダーを料理に使う場合も同様で、長時間高温で加熱を続けることは栄養価を損ないますから、煮込み料理の仕上げにマカを入れるという程度にとどめておく方がよいでしょう。

トップに戻る