マカに含まれる必須アミノ酸

タンパク質を生成しているアミノ酸には多くの種類がありますが、アミノ酸のうち人間の体内で生成できない9種類を「必須アミノ酸」といいます。マカには、この必須アミノ酸がすべて含まれています。9種類のうち含有量が多いのはロイシン、バリン、トレオニン、リシンです。それぞれ、どのような働きを持っているのでしょうか。

・ロイシン
筋肉の成長に欠かせないアミノ酸で、BCAA(分岐鎖アミノ酸)に分類されています。運動などによって傷ついてしまった筋肉の修復には欠かせませんし、筋肉を動かすためのエネルギーにもなってくれます。筋肉トレーニングの効果をアップさせてくれる成分として注目されています。

・バリン
ロイシンと同様にBCAAのひとつで、筋肉の修復や、筋肉を動かすためのエネルギーとして必要です。ロイシン同様に、筋肉トレーニングには欠かせない成分です。また、腸内で悪玉菌が生成するアンモニアの解毒にはグルタミン酸必要ですが、バリンはグルタミン酸の生成に必要です。アンモニアの分解が促進されれば脳へのダメージが抑えられ、鬱状態をはじめとする精神不安定の改善につながります。

・トレオニン
肌の弾力はコラーゲンによってもたらされており、コラーゲンが不足すると肌が弾力を失い、シワができやすくなります。トレオニンはコラーゲンの原料のひとつで、摂取することで美肌効果が期待できます。また、肝臓への脂肪蓄積を抑え、脂肪肝の防止にも役立ってくれます。

・リシン
疲労回復効果があり、不足すると体が疲れやすくなったり、集中力が不足してしまったりするとされています。また、肝機能をアップさせてくれる働きもあります。肝機能が低下すると胆汁酸の生成量が減少し、原料であるLDLコレステロールが血中に流れ出て動脈硬化の原因となります。リシンの摂取は、動脈硬化の防止にも役立つといえます。

上述のように、マカにはこれ以外の必須アミノ酸もすべて含まれています。必須アミノ酸は体外から摂取するしかありませんので、すべてが摂取できるマカは貴重なのです。

トップに戻る