マカは貧血を改善する?

疲れやすい、息切れがしやすいなどと感じている人の中には、貧血が原因というケースもあるかもしれません。マカには、貧血の改善に役立ちそうな成分が含まれているのです。その成分とは、鉄と亜鉛という2つのミネラルです。

ヘモグロビンの生成に欠かせない鉄

赤血球内にはヘモグロビンというタンパク質があり、肺で酸素と結合し、体のあちこちに酸素を運んでくれます。何らかの理由でヘモグロビンの生成量が減少し、体が酸欠気味になって疲れや息切れを感じてしまうのが貧血です。
鉄はヘモグロビンの原料のひとつです。鉄を積極的に摂取することでヘモグロビンの生成量が促進され、貧血改善につながるのです。マカにはこの鉄分が含まれていますが、吸収率の高くない非ヘム鉄であるという問題があります。非ヘム鉄の吸収率を高めるためにはビタミンCが必要ですが、マカにはビタミンCも含まれていますので、吸収率についての問題はなさそうです。


亜鉛がないと鉄が「宝の持ち腐れ」に

ただ、鉄の摂取だけでは貧血を防ぐことはできません。鉄があっても、ヘモグロビンが生成できないケースがあるからです。それは、亜鉛が不足しているときです。
タンパク質は消化器内で一度、アミノ酸に分解されてから吸収されます。つまり、体を作っているタンパク質は、アミノ酸から再構成されたものなのです。体内ではアミノ酸からタンパク質が生成されているわけで、そのためには亜鉛が必要になります。上述のようにヘモグロビンもタンパク質の一種なので、亜鉛が不足していると鉄が十分でも生成されなくなります。
マカには、この亜鉛もちゃんと含まれていますので、鉄をしっかりと生かすことができそうです。亜鉛も吸収力を上げるためにビタミンCが必要なので、マカのビタミンCが有効活用できます。

鉄と亜鉛という2つのミネラルによって、貧血改善が期待できるのがマカなのです。疲れやすくなったり、息切れがしやすくなったりしてきたら、貧血の可能性がありますので、マカ摂取をおすすめします。

トップに戻る