マカのアンチエイジング効果

マカにはさまざまな効果があり、加齢による衰えを抑えるアンチエイジング効果もそのうちのひとつです。マカはどのようなメカニズムで、アンチエイジング効果を発揮しているのでしょうか。

老化の原因は活性酸素

老化にはさまざまな原因がありますが、そのうちのひとつが活性酸素という物質です。活性酸素は体内に入ってきた細菌やウイルスを退治し、免疫力をアップさせてくれる重要なものです。ただ、活性酸素が増えすぎると、健康な細胞まで傷つけてしまうという問題点があります。
活性酸素によって傷つけられた細胞は劣化し、臓器の働きを低下させる原因となります。これによって体の動きが衰え、老化の原因となるのです。


マカはSODを増やしてくれる

SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)という酵素には、活性酸素を分解してくれる働きがあります。マカには、SODを増やしてくれる成分が含まれています。
SODは亜鉛や銅、鉄などのミネラルも原料のひとつとなっています。マカには亜鉛、銅、鉄のすべてが含まれているのです、SODの原料であるミネラルの摂取量が増えれば、SODの生成量が増加し、より多くの活性酸素が分解されるようになります。これによって体内の活性酸素が減少し、アンチエイジングにつながってくれるというわけです。


マカには抗酸化成分も含まれている

ただ、SODの生成量が増えても、活性酸素が一掃されるわけではありませんし、そもそも体内から活性酸素がなくなったら免疫力が低下します。アンチエイジングのためには、活性酸素の悪影響を抑える抗酸化成分が必要なのです。
マカにはサポニンやアントシアニン、グリシンなど、抗酸化成分が多く含まれています。こうした成分の相乗効果によって活性酸素の悪影響を抑え、細胞の劣化による老化を防いでくれるのです。

SODを増やして活性酸素を減らし、抗酸化成分によって活性酸素の悪影響を抑えることで、アンチエイジング効果を発揮してくれるのがマカなのです。若々しい体でいるために、あなたもマカを摂取してみてはいかがですか。

トップに戻る