マカは冷え性の味方

夏場でも空調の効いた部屋にいると手足が冷えてしまうような、冷え性の人は意外と多いのではないでしょうか。マカは、そんな冷え性の強い味方になってくれる成分が含まれています。

冷え性対策1・血行を改善

ストレスや生活習慣病などによって血行が悪化すると、エネルギー生成に必要となる栄養素が体のすみずみまで届きにくくなり、冷え性の原因となります。
マカに含まれているアミノ酸・アルギニンは、体内で一酸化窒素を生成し、血管を拡張してくてる働きがあります。また、血液をサラサラにして流動性を高めるビタミンEも含まれています。2つの相乗効果によって血流を促進させ、冷え性の改善が期待できます。


冷え性対策2・筋肉の働きをアップ

冷え性が男性より女性に多いのは、熱を作り出す筋肉の働きが弱いためとされています。また、運動不足の人も筋力が低下しているため、冷え性になりやすいといわれています。
筋力不足を解消するためにはトレーニングが必要ですが、マカに含まれている必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンは「BCAA」と呼ばれており、筋肉を動かすためのエネルギーになってくれます。これによって筋力トレーニングの効率をアップさせることができます。


冷え性対策3・女性ホルモンのバランス調整

更年期障害は加齢による卵巣の機能低下で、女性ホルモンの分泌量が低下してしまうことで起こります。この更年期障害の症状のひとつに、冷え性があります。
マカに含まれているベンジルグルコシノレートという成分は、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。ベンジルグルコシノレートの働きによって女性ホルモンのバランスを整えることで、更年期障害の症状を抑え、冷え性の改善が期待できるのです。

冷え性の原因の解決に役立ちそうな成分をたくさん含んでいるのが、マカなのです。クーラーの効いたオフィスで手足が冷えてしまうという人は、マカのサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る