マカの便秘解消効果

マカには精力アップをはじめ、さまざまな効果がありますが、便秘解消もそのうちのひとつです。マカに含まれているどのような成分が、便秘解消効果を発揮してくれているのでしょうか。

マカは腸の血行を促進させる

体を動かすためにはエネルギーが必要で、それは腸も例外ではありません。腸を動かすためのエネルギー生成には栄養分と酸素が必要ですが、腸で吸収される栄養分はともかく、酸素は肺で取り入れられたものが血液によって腸まで運ばれてきているのです。血行が悪化していると腸に十分な酸素が供給されず、エネルギー不足で腸の働きが悪くなり、便秘の原因となります。
マカに含まれているアミノ酸・アルギニンには、一酸化窒素の生成によって血管を拡張し、血流を促進させる働きがあります。また、ビタミンEには血液をサラサラにして流動性をアップさせる効果があります。この2つの相乗効果によって血行が促進されれば、腸に酸素が供給されて働きが良くなり、便秘解消が期待できるのです。


マカの食物繊維も便秘解消に効果的

また、マカには食物繊維も含まれています。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、いずれも便秘解消効果を持っています。
腸の働きが悪くなる原因としては、腸内の悪玉菌が優勢になっていることも挙げられます。水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の餌となり、繁殖を促してくれる効果があります。善玉菌が増えれば悪玉菌を退治してくれるため、腸内環境の改善が期待できます。
一方、不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収して膨張し、腸を刺激してくれます。これによって腸の働きが活発になり、便秘解消につながってくれるというわけです。不溶性食物繊維は摂取しすぎると便が硬くなり、便秘を悪化させてしまう可能性もありますので、水を多めに飲むようにしましょう。

マカの便秘解消は、腸の血行促進と食物繊維の相乗効果によってもたらされるものです。便秘に悩んでいるなら、マカを摂取してみるのもよさそうですね。

トップに戻る