マカで疲労回復

加齢によって疲労が回復しにくくなったと悩んでいる人は、意外と多いかもしれません。マカには、疲労回復効果につながる成分が、たくさん配合されているのです。

疲労の原因は活性酸素

かつては疲労の原因といえば乳酸だとされていましたが、最近の研究では活性酸素が疲労の原因だということが分かってきています。
活性酸素は体内に入ってきた細菌を退治する一方で、正常な細胞を劣化させて老化の原因を作るという問題があります。細胞内でのエネルギー生成にはミトコンドリアの働きが必要ですが、活性酸素はこのミトコンドリアの働きをダウンさせてしまうのです。結果として細胞内でのエネルギー生成量が低下し、体がうまく動かず、疲れを感じてしまうというわけです。
デスクワークは体を大して動かしていないのに疲労を感じてしまうのは、デスクワークのストレスによって体内で活性酸素が発生し、細胞に悪影響を与えるためです。


マカは活性酸素の働きを抑えてくれる

マカには、この活性酸素の働きを抑えてくれる成分が含まれているのです。
体内では活性酸素が増えすぎないように、活性酸素を分解するSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)などの酵素が生成されています。マカにはこのSODの原料である亜鉛や鉄、銅、マンガンが含まれているのです。原料が増えればSODの生成量が増加し、活性酸素が分解されやすくなって疲労回復効果につながってくれるのです。
もちろん、SODによって体内から活性酸素がなくなるわけではありませんし、なくなってしまえば免疫力が低下します。活性酸素の悪影響を抑えるためには、抗酸化成分も必要です。マカにはサポニンやアントシアニンなど、抗酸化成分が含まれています。また、マカに含まれているアミノ酸のうち、アルギニンやグルタミン酸、ロイシンなどには抗酸化作用があります。これらの働きによって活性酸素の悪影響を抑え、疲労回復効果を発揮しているのです。

疲労の原因が活性酸素というのは、知らなかったという人も多いのではないでしょうか。マカで活性酸素を退治し、疲労回復に努めていきましょう。

トップに戻る