不眠症改善!マカが自然な眠気を促す

床に就いてもなかなか眠れないと悩んでいる人は、意外に多いのではないでしょうか。マカには、自然な眠気を催すために必要な成分が含まれており、不眠症の改善に役立つことが期待できるのです。

1.セロトニンの生成を助ける

自然な眠気を催すために必要なのは、セロトニンという脳内物質です。セロトニンの生成量が不足していると、自然な眠気が起きにくくなり、睡眠の質が低下してしまうとされています。セロトニンの生成にはビタミンB6と、トリプトファンというアミノ酸の一種が必要です。マカには、ビタミンBが多く含まれており、トリプトファンも少量ながら含まれています。これらの成分によってセロトニンの生成量が増えれば、自然な眠気を促す助けになるでしょう。


2.ホルモンバランスを整える

不眠症の原因のひとつは、ホルモンバランスが崩れていることです。特に、更年期障害などによる女性ホルモンのバランス悪化は、不眠症につながりやすいとされています。マカに含まれているベンジルグルコシノレートという成分には、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。女性ホルモンのバランスが整えられれば、自然な眠気につながってくれるというわけです。


3.血行促進で体温を上げる

血行不良によって体が冷えすぎることも、自然な眠気を妨げる原因となります。マカに含まれているアルギニンは一酸化窒素を生成して血管を広げ、ビタミンEは血液をサラサラにしてくれることで血行を促進してくれます。これが、冷えすぎによる不眠の改善に役立つのです。ただ、高血圧が原因で不眠になっているケースなどは逆効果になりかねません。体温が高すぎても自然な眠気を妨げる原因になってしまうためで、マカによる体温上昇が事態を悪化させてしまうのです。


4.まとめ ~マカは不眠の原因に効果あり!~

不眠症の原因はさまざまですが、マカはその原因の複数に対応しているのです。ただ、逆効果になってしまうケースもあるので、何が原因で睡眠が妨げられているのか、マカ摂取前に把握しておきましょう。

トップに戻る