マカの効果で更年期障害の改善

40代から50代にかけての心身の不具合は、更年期障害が原因となっているケースが多いです。これは男性も女性も同じです。マカには、この更年期障害の症状改善に役立つ成分が含まれています。

なぜ更年期障害が起きるのか

卵巣や睾丸からは性ホルモンが分泌されていますが、加齢によって卵巣や睾丸が衰えると性ホルモンの分泌量が減少し、心身に不具合が起きてしまいます。女性の場合は造骨機能が低下して骨粗鬆症を発症しやすくなりますし、男性の場合は精神面の張りが失われて鬱病の引き金になります。
こうした不具合を防ぐため、脳の視床下部から「性ホルモンを出せ」という命令が出されます。ところが、肝心の卵巣や睾丸が衰えているので、性ホルモンの分泌量は思うように増えてくれません。それでも命令を出し続けた結果、視床下部は疲弊してしまいます。視床下部が疲弊することで、自律神経にも悪影響が出てしまい、心身のさらなる不具合につながります。これが更年期障害です。


マカが更年期障害に有効な理由は?

マカには、更年期障害の症状を抑えてくれる成分が配合されています。ベンジルグルコシノレートという成分で、性ホルモンのバランスを整えてくれる効果を持っています。更年期障害は性ホルモンの不足が原因で起きる疾患なので、ベンジルグルコシノレートによって性ホルモンのバランスを整えられれば、症状が緩和されるというわけです。実際、海外ではラットにマカを与えると、更年期障害の症状のひとつである骨粗鬆症の発症を抑えられることが分かっています。
また、マカには更年期障害のさまざまな症状に効果のある成分も含まれています。例えばアルギニンやビタミンEには血行改善効果があり、更年期障害の症状であるほてりや冷え性に効果があります。フェニルアラニンというアミノ酸には精神面を安定させる効果があり、更年期障害が原因で起きる精神面の不具合を改善してくれる効果が期待できるといった具合です。
更年期障害に悩んでいるならば、性ホルモンのバランスを整えてくれるマカの摂取がおすすめです。

トップに戻る