マカの栄養成分

マカの精力アップ効果は、含まれているバラエティー豊かな栄養成分によってもたらされています。では、マカには具体的にどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

・糖質
マカ100グラムのうち、半分以上は糖質です。あまりイメージの良くない糖質ですが、実際には体内でのエネルギー生成には欠かせない成分で、スタミナアップの鍵を握っているといっていいでしょう。

・アミノ酸
マカには体内で生成できない9種類の必須アミノ酸すべてのほか、非必須アミノ酸も多く含まれています。必須アミノ酸の中では、筋肉のエネルギーになるバリンやロイシン、精神を安定させる効果のあるフェニルアラニンの量が多めです。非必須アミノ酸で注目すべきはアルギニンで、体内で一酸化窒素を生成して血管を拡張し、血流を促進させる効果を持っています。コラーゲンの原料であるグリシン、体内のアンモニアを取り除くグルタミン酸なども、重要な成分だといえます。

・ミネラル
マカには亜鉛をはじめセレン、鉄、銅、カルシウム、マグネシウムなどさまざまなミネラルが含まれています。亜鉛はタンパク質の生成に欠かせませんし、精子や精液の量を増やしてくれる効果もあります。また、体内の活性酸素を除去する酵素・SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)には亜鉛や鉄、銅などが含まれています。骨や歯を丈夫にしたり、精神面を安定させたりする効果のあるカルシウム、マグネシウムも欠かせません。

・各種ビタミン
マカに含まれているのはビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ナイアシン、βカロテン(体内でビタミンAになる)とバラエティー豊かです。注目すべきはビタミンEで、血液をサラサラにして流動性を高める働きがあります。アルギニンとの相乗効果が期待できそうです。

このように、マカにはさまざまな栄養成分が含まれているのです。体の調子を整えるためには、バランスの良い食生活によって、多くの栄養成分を摂取する必要があります。マカは、その手助けになってくれるのではないでしょうか。

トップに戻る