プエラリアとマカのサプリ

プエラリアとマカには、いずれもバストアップ効果があり、相乗効果が期待できます。ただ、バストアップ効果を発揮するメカニズムについては、異なっています。プエラリアとマカの違いや、併用することで期待できる相乗効果について、説明していきましょう。

卵胞ホルモンを「増やす」プエラリア

女性ホルモンは大きく分けると、卵子を育てる卵胞ホルモンと、体を妊娠しやすい状態にする黄体ホルモンの2種類があります。思春期にバストサイズが大きくなっていくのは卵胞ホルモンの分泌量増加によるものですし、妊娠中にバストが大きくなるのは黄体ホルモンの働きによるものです。
プエラリアは、2つの女性ホルモンのうち、卵胞ホルモンに似た働きをしてくれます。卵胞ホルモンと分子構造が似ている成分が含まれており、卵胞ホルモン受容体と結合することで、卵胞ホルモンに似た働きをしてくれるのです。
つまり、プエラリアを摂取することは、卵胞ホルモンを擬似的に増やすことにほかなりません。卵胞ホルモンを増やすことで、バストの成長を促しているのです。


プエラリアの問題点を解消するマカ

ただ、卵胞ホルモンの量が増えても、それだけでは不十分です。バストの成長に必要な栄養分は消化器で取り入れられたあと、血液によって運ばれてくるのです。血行が悪化していると、バストの成長に必要な栄養分が十分に運ばれてこないため、卵胞ホルモンの効果が十分に発揮されません。
マカには血管を拡張する働きのあるアミノ酸・アルギニンや、血液サラサラ効果のあるビタミンEが含まれており、卵胞ホルモンの働きをサポートしてくれます。
また、プエラリアは黄体ホルモンの働きが強い高温期に摂取すると、ホルモンバランスを崩してしまうという問題点があります。マカに含まれているベンジルグルコシノレートにはホルモンバランスを整える効果があり、プエラリアによって起きた不具合を緩和してくれるでしょう。
マカとプエラリアの両方が含まれているサプリメントがあるのは、マカがプエラリアの働きをサポートすることを期待しているのです。

トップに戻る