マカとローヤルゼリー

男性向けサプリメントのイメージが強いマカと、女性向けと思われているローヤルゼリーを併用することで、どのような相乗効果が得られるのかは想像がつきにくいかもしれません。実はマカとローヤルゼリーを併用することで、更年期障害の症状を和らげることができるのです。

1.更年期障害が起きるメカニズム

更年期障害とは、加齢に伴う卵巣の機能低下がきっかけで、頭痛や体のほてり、めまい、イライラなど、心身にさまざまな不具合が起きる疾患です。卵巣の機能が低下すると女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが悪化します。このため、脳の視床下部が「女性ホルモンを出せ」という命令を出しますが、肝心の卵巣が衰えているので思わしい効果が出ません。それでも視床下部が命令を出し続けた結果、疲れてしまい、視床下部が管理している自律神経にも悪影響が出てしまうのです。


2.女性ホルモンの不足を補うローヤルゼリー

ローヤルゼリーの固有成分であるデセン酸は、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。つまり、ローヤルゼリーを摂取することで、女性ホルモンの増加と似た状態になるのです。更年期障害の症状は、女性ホルモンの分泌量減少に伴うホルモンバランスの悪化が原因です。デセン酸によって「女性ホルモン」を増やせば、ホルモンバランスは多少なりとも整えられます。また、視床下部からの命令の回数も減り、疲労回復につながるのです。


3.更年期障害の症状そのものに効果があるマカ

ローヤルゼリーが更年期障害の原因に対処しているのに対し、マカは更年期障害のさまざまな症状を和らげるのに役立ってくれます。

3-1.血行促進でほてりとむくみを緩和
更年期障害によって起きるほてりやむくみは、血行悪化が原因です。マカに含まれているアミノ酸・アルギニンとビタミンEには、血行促進効果があるため、症状改善が期待できます。

3-2.カルシウムとマグネシウムで精神安定
また、自律神経への悪影響によって起きるイライラ対策には、カルシウムとマグネシウムの摂取が有効です。マカにはカルシウムやマグネシウムも含まれており、イライラが緩和できそうです。

トップに戻る