マカとメタボリックの関係性とは

30代を過ぎたら若いころの感覚で食事をしたり普段の生活を送ることは危険です。
代謝も衰え、食べたものもエネルギーに変えられず、体重は増えるのに運動をしなかったりするとメタボリックシンドロームにかかってしまいます。

食事に気を使う、運動をすることは人間が健康に生きていくために必要なことです。
しかし現実はストレスのために暴飲暴食をし、デスクワークで一日中座りっぱなし。
これでは、将来的に肥満になってしまいます。
高血糖、高血圧、脂質代謝異常のうちの二つに当てはまり、プラス男性のウエストが85㎝、女性が90㎝を超えるとメタボリックシンドロームと判断されます。
内臓脂肪が貯まり、燃焼できない状態で、将来、合併症を起こしやすく命の危険まであるのです。
しかし、いくら運動をしたり食事制限をしても、若い時とは違って効果が現れにくく続けることが難しいのが現状です。
そこで「マカ」の出番です。

小さなカブのような形をしている野菜で、アンデス高地で栽培され現地の人々が日常的に食しています。
栄養価が高く、「マカ」と言うと男性の精力剤のイメージがありますが、これは脂肪燃焼にも大きな効果があるのです。
マカにはアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸が脂肪分解酵素リパーゼの働きを促し、脂肪や炭水化物を分解し、脂肪燃焼につながるのです。
リパーゼを活性化させるビタミンB1も含まれており脂肪燃焼をますますサポートしてくれます。

また、冷え性も改善してくれるので脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれます。マカを摂取するだけでなく、有酸素運動も取り入れるとなお効果が倍増します。

さらに、ホルモンの調整もしてくれるので、ストレスを軽減し、前向きな気分で運動をすることができるでしょう。

脂肪がないすっきりした体は外見だけでなく、中身も若々しくなり健康的な毎日を送ることができます。脂肪燃焼だけでなく色々な面で私たちの生活をサポートしてくれるマカの健康効果を試してみてはいかがでしょうか?

トップに戻る