精力増強だけじゃない!不眠症にも効くマカ

マカは男性には精力剤としての効果、女性には、更年期障害や美肌など生理的なリズムを整える効果などが知られていますが、実は不眠症にも効果があります。

昨今、不眠に悩む人は増加し、不眠外来という専門外来を設置している病院も少なくありません。
不眠は職場の人間関係のストレスや、不規則な生活環境などが原因で自律神経を崩すことで発症するといわれています。
また、女性はホルモンバランスが乱れることにより生理前に眠くなったり、夜中に目が覚めたりなどの症状が出ることがあります。

この自律神経の崩れにはビタミンB群が効果的なのですが、それがマカには豊富に含まれているのです。
ビタミンB群には、代謝を活発にし、疲労を溜めにくくして免疫力を高める効果があります。
また、心を整える栄養素といわれ、不眠の原因である不安感、抑うつ感を抑えてくれる働きがあるのです。

そしてマカの特徴成分である「アルギニン」を補うことにより、精神面にも良い効果を期待することができます。
アルギニンには抗ストレス効果があります。
体の各器官がストレスに対抗するパワーを作り出すことができるようになります。

また、マカには男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの分泌を促す効果があります。
これらのホルモンの分泌により精神と身体の安定が図られ質の良い睡眠を得ることができます。

そしてもう一つマカには体を温める効果もあります。
不眠は冷えからくるという説もあります。
赤ちゃんなどまだ体の体温調整がうまくできない場合、夜泣きには足を温めてあげると眠ることからも、冷えと不眠は密接な関係にあります。
マカを飲むと体の中から温まります。
体が温まると副交感神経という体の疲れをリラックスさせる神経が活発になり質の良い眠りを手に入れることができます。

トップに戻る