マカはうつに効果がある?

マカは体だけでなく、心も元気にしてくれる可能性があると書くと、驚かれるかもしれません。ただ、マカにはうつに効果がありそうな成分が含まれており、症状の改善が期待できるのです。

マカでホルモンバランスを整える

うつの原因のひとつに、男性更年期障害が考えられます。男性ホルモンには精神面に張りを与える働きがありますが、加齢によって睾丸の機能が衰えて男性ホルモンの分泌量が減少すると、精神面の張りが失われてうつの引き金になってしまうのです。
マカにはホルモンバランスを整える働きのある「ベンジルグルコシノレート」という成分が含まれています。性ホルモンが不足しているときには分泌を促し、過剰なときには分泌を抑制してくれる働きを持っています。男性更年期障害の場合は男性ホルモンの分泌量が不足しているので、ベンジルグルコシノレートの摂取は分泌量を増やすことにつながります。これによって精神面に多少なりとも張りが出てくるため、うつ対策につながってくれるのです。


アンモニア除去効果もある

うつの引き金としては、血中のアンモニア濃度の上昇も考えられます。腸内で悪玉菌が生成するアンモニアは、体にとっては毒になります。肝機能のダウンなどによってアンモニアの血中濃度が上昇すると、アンモニアが脳に悪影響を与え、うつに似た症状が出ることがあります。この症状が、本物のうつ病につながってしまうケースもあるとされています。
マカに含まれているアミノ酸のうち、アスパラギン酸とグルタミン酸はアンモニアを無害化してくれる働きを持っています。マカを摂取することで血中のアンモニア濃度を下げられれば、脳への悪影響を抑えられ、うつ対策になってくれるというわけです。

マカは男性ホルモンのバランスを整えると同時に、脳に悪影響を与えるアンモニアを無害化して、うつに対して効果を発揮しているのです。どことなく気分が沈んでいるときには、悪化する前にマカを摂取してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る