マカとヘルペスの関係性を知る

ヘルペスによる水疱は唇や顔にできやすいため、痛さもさることながら見栄えも良くありません。口の中に水疱ができれば、何かを食べるのも億劫になります。何とかして症状を和らげようと思っている人は多いでしょうが、マカにはヘルペスに効果が期待できそうな成分が含まれているのです。

1.ヘルペスに効果のある「リシン」

ヘルペスの症状緩和に効果があるとされているのは、必須アミノ酸のひとつであるリシンです。

1-1.臨床実験で効果は実証済み
米の大学での研究によると、ヘルペスを発症している人に1日当たり3000ミリグラムのリシンを投与したところ、治癒までの期間を短縮することができたとしています。また、ヘルペスウイルスに感染している人に、同じように1日当たり3000ミリグラムのリシンを与えたところ、発症を防止することができたという実験結果もあるのです。米国立生物工学情報センターのデータベースにも似たような臨床実験のデータが収録されており、リシンの効果は「お墨付き」と言えそうです。

1-2.マカにはリシンが含まれている!
マカにはさまざまな必須・非必須のアミノ酸が含まれており、リシンもそのうちのひとつです。リシンによってヘルペスの症状を抑えると同時に、発症を予防することも可能なのです。


2.亜鉛とビタミンCも含まれている

問題は、ヘルペスによって傷んだ皮膚をどうやって修復するかです。

2-1.皮膚修復にはタンパク質が必要
皮膚はタンパク質からできていますので、元の状態に戻すためにはタンパク質の生成が欠かせません。特に、皮膚に張りを与えてくれるコラーゲンは重要です。

2-2.タンパク質生成を助ける亜鉛とビタミンC
ヘルペスの治療においては、リシンと亜鉛、ビタミンCの同時投与が行われています。亜鉛はタンパク質、ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれるためです。マカには、亜鉛とビタミンCも含まれています。これによって、ヘルペスによって傷んだ皮膚を修復し、美肌を保つことが期待できるというわけです。


3.まとめ ~ヘルペスの症状緩和にマカを!~

マカはヘルペスの治療と予防に効果を発揮してくれる可能性があります。ヘルペスの痛みに悩んでいる人は、試しにマカを摂取してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る