筋トレしながらマカを摂取

マッチョな体になることを夢見て、筋肉トレーニングに励んでいる人は多いでしょう。頑張ってトレーニングをしているのに、なかなか筋肉がついてくれないと悩んでいる人もいるでしょう。マカは、筋トレの効果をアップさせてくれる成分が含まれているのです。

筋トレの成果が十分に出ない理由とは?

一生懸命に筋肉トレーニングをしているのに、思ったように筋肉がついてくれない理由として考えられるのは、タンパク質が筋肉を動かすためのエネルギー源として使用されていることです。
体を動かすためのエネルギー源としては糖質や脂肪に加え、タンパク質も使われています。激しい筋トレを行った場合には、糖質や脂肪を燃焼してもエネルギーが足りないため、タンパク質を使ってエネルギーを生成するのです。
実はこのときに、筋肉に含まれているタンパク質が使用されているのです。つまり、トレーニングを頑張れば頑張るほど筋肉が減ってしまうというわけで、これではマッチョな体になるのは難しいでしょう。


マカのアミノ酸が筋トレの効果をアップ!

マカには、筋トレの問題点を解決してくれる栄養素が含まれています。バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸で、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるものです。
BCAAは筋トレの際のエネルギー源となってくれるため、筋トレによって筋肉のタンパク質が使用されるのを防いでくれます。そもそも筋肉のタンパク質が使用されるのは、分解してBCAAを取り出すためという側面もあるのです。BCAAをあらかじめ摂取することでタンパク質の分解を防止しているわけで、実際、筋トレに効果があるサプリメントとしてBCAAそのものを摂取している人もいます。
マカにはこのBCAAが多く含まれているため、筋肉のタンパク質がエネルギー源に使われることを防げます。これによって、タンパク質が効率的に筋肉の成長に使われるようになり、筋トレの効果がアップしてくれるというわけです。
筋トレの効果をより大きくするためには、BCAAが必要です。マカを摂取して、BCAAを補いましょう。

トップに戻る